傷があっても車の査定はできる?

しかし、また日本で中古車として売られるような場合には、傷の減額が大きくなる場合が多いです。ただし、ここで注意して欲しいのが、「傷を修理しても買取価格とは釣り合わず損してしまう」ということがあります。減額を防ぐためだけに車体の傷を直しても、結果的にアップする買取価格より、修理費用のほうが大きくなってしまう場合がほとんどですからね。

まとめとしては、車体の傷があっても買い取りは行ってもらえますが、結局のところ買取価格は覚悟したほうが良い、ということです。そのため、車を売るときにはこのことをしっかりと頭に入れておくだけでも査定額は大きく変わるので確認はしておきましょう!

サイトマップ